Fasion&Culture

枠にとらわれず、物語のような楽曲を!高校生4ピースバンド【The Bee’s Knees】

枠にとらわれず、物語のような楽曲を!高校生4ピースバンド【The Bee’s Knees】

6月19日に開催された、高校生による高校生だけのロックフェス「TEENS ROCK in TOKYO 2022」。そこでは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」の出場権獲得を目指して、10組の高校生バンドがしのぎを削っていました。

目指すはロッキン!高校生が主催する高校生バンドだけのロックフェスに潜入【TEENS ROCK in TOKYO 2022】
目指すはロッキン!高校生が主催する高校生バンドだけのロックフェスに潜入【TEENS ROCK in TOKYO 2022】
6月19日(日)に開催された「TEENS ROCK in TOKYO 2022」。予選34組から選ばれた10組の高校生バンドが、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」の出場権を目指して、アツいパフォー […]
https://steenz.jp/9390/

今回「Steenz」では、未来の音楽シーンを盛り上げる新たな10代の才能との出会いを記念し、ハイレベルな演奏を披露していた出演バンドに、単独インタビューを敢行。音楽にかけた、10代ならではアツい想いに迫ります!

第6回は、「Tokyo Music Rise 2021 summer」 での優勝経験をもつ、法政高校の軽音部で結成された4ピースバンド「The Bee’s Knees」をフィーチャーしました。​

The Bee’s Kneesを知る5つの質問

The Bee’s Kneesは、法政高校軽音部の2年生で結成された、4人組のバンド。メンバーは、つぐみ(Gt./Vo.)、なおや(Gt.)、ゆめかわえざちん(Ba.)、みなみ(Dr.)。今回は、代表してギターボーカルのつぐみとギターのなおやにインタビューに答えてもらいました。

Q1. バンドのコンセプトを教えてください。

つぐみ「実は、バンド自体に決まったコンセプトをつくっていないんです。一曲一曲コンセプトやテーマを変えることで、枠にとらわれず、毎回違った姿をお見せしています。なので、これから先もコンセプトを決めるつもりはないんです。

バンド名の『The Bee’s knees』はイギリスのスラングが由来で、名前を考えているときにたまたまインターネットで見つけました。『最高のもの』や『うってつけのもの』という意味があって、私たちの目指す音楽にぴったりの名前だと思って。

声に出したときの響きもいいですし、私自身、1960年代以降のUKロックやクラウトロックが好きなので、『The』から始まる少し昔っぽい感じも気に入っています」

つぐみ(Gt./Vo.)

Q2. バンド結成のストーリーを教えてください。

つぐみ「学校の部活内で公式戦に出場するために組んだバンドです。私たちの学年は部員数が9人ととても少なかったので、公式戦の出場資格であるバンド内での各楽器の人数などを考慮した結果、必然的にいまのメンバーになりました。

実は、去年の大晦日に一度活動を休止しているんです。再開しようか悩んでいたとき、顧問の先生が『奇跡的に集まった4人だから、やめるのはもったいない』と言ってくださり、一念発起して活動を再開しました。この言葉を信じて、これからもがんばっていきたいです」

なおや(Gt.)

Q3. 楽曲づくりについて教えてください

つぐみ「作詞・作曲は私が担当しているのですが、歌詞を書くときは毎回曲ごとに主人公を立てています。曲の世界観をつくりあげるためためのこだわりなんです。

例えば、『チョコレートファッジの憂鬱』という楽曲では、付き合っているけど彼氏に不安を感じている、愛に欲張りで心配性なひとりの女の子、を主人公にして作詞しました。

歌詞を書くのは毎回かなり時間がかかります。いま書こう、と思ってすぐにできるものではなくて、浮かんだ歌詞を毎回書き留めてそれを集めていって、やっと曲のイメージができてきます。

歌詞が書けたら弾き語りのデモをつくって、私の描くイメージを他のメンバーに共有した上で、1本の映画をつくるようにストーリーに合ったメロディやリズム、ギターなどの音色を決めていきます。この工程に一番時間をかけていて、デモができてから最低1〜2か月は完成までかけるようにしています。世界観や雰囲気に対するこだわりが強いので、そのぐらいかけないと頭の中のイメージを再現できないんです」

ゆめかわえざちん(Ba.)

​Q4. イチオシの楽曲を教えてください

なおや「『チョコレートファッジの憂鬱』です。イントロが奇妙なチョーキングから始まり、その後のボーカルで一気に世界観に引き込むような流れが気に入っています。歌詞もつぐみにしかできない言葉選びで、女の子の切ない気持ちが表現されています。ぜひみなさんに聴いていただきたい1曲です」

つぐみ「私は​​『 Pink Moon』です。この曲は未発表曲なのですが、今年の2泊3日の夏合宿で作り始めてすでにほぼ完成しています。

いままでは、曲のコンセプトがハッキリしていても、なかなかそのイメージに近づけなくて納得のいく完成までにかなりの時間がかかっていたのですが、この曲はびっくりするほどサラッとできてしまって、今後どう仕上がるのか楽しみな曲です。早くライブでもやってみたいです」

みなみ(Dr.)

Q5. 今後の目標を教えてください。

つぐみ「まず一番はこのメンバーでいることを楽しんで、4人で仲良くやっていきたいです。

個人的には、新しいことに挑戦していきたいです。『Pink Moon』で初めてピンボーカルに挑戦したのですが、新鮮で楽しかったので、別の曲でも挑戦したいと考えています」

The Bee’s KneesのSNS

                ★Instagram

                 ★Twitter


Photo:Eri MiuraKaichi Komatsuzaki(ライブ写真)
Text:Mai Sugawara
Edit:Takeshi Koh

SNS Share

Twitter

Facebook

LINE

Takeshi Koh

View More