Steenz(スティーンズ)
松屋のインスタにも登場!フィルムとデジタルを織り交ぜる湘南の高校生映像クリエイター【Maguro Bouya・18歳】
見出し画像

松屋のインスタにも登場!フィルムとデジタルを織り交ぜる湘南の高校生映像クリエイター【Maguro Bouya・18歳】

Steenz(スティーンズ)

気になる10代名鑑」142人目は、Maguro Bouyaさん(17)。湘南にある高校に通いながら、映像クリエイターとして活躍しています。最近では、大手牛丼チェーン・松屋のInstagramにも作品を提供しました。そんなMaguro Bouyaさんに、映像制作を始めたきっかけや撮影へのこだわりを聞いてみました。

■Maguro Bouyaを知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「神奈川県出身の17歳。現在、高校3年生です。趣味で映像制作をしていて、友達との思い出の瞬間とか、部活の紹介動画とか、知り合いのラッパーのMVとかも撮影してきました。たまに企業の方からお声掛けいただくことがあって、この間は松屋のInstagramに作品を提供しました。

ちなみにMaguro Bouyaという名義は、給食でマグロの竜田揚げが出たときに、僕の名前の『竜也』にちなんで付けられたあだ名が由来です(笑)」

Q2. どんな映像を撮っていますか?

フィルムとデジタルを織り交ぜて撮るのが自分のスタイルです。『ここは絶対に逃したくない!』っていう重要なシーンはフィルムで撮って、それ以外はデジタルで撮ることが多いですね。1枚無駄にすると『やっちゃった!』ってなるんですけど、それがまたフィルムの楽しいところです」

Q3. 写真や映像に興味を持ったきっかけは?

「原点は、小学生のときに、Nintendo 3DSのコマ撮り機能でよく遊んでいたことだと思います。

本格的に始めたのは、中学の修学旅行のとき。スマホ禁止だったから、どうしても写真を撮りたくて、家にある一眼レフを持っていったら、ハマりました。そのころちょうどスマホの外カメが壊れてて使えなかったこともあって。すべては不自由さから始まりました(笑)。

映像を始めたのは、友達のワイワイフィルムズさんの動画がきっかけです。共通の知り合いがいたこともあって、彼にはいろいろ教えてもらいました!」

Q4. 松屋の映像作品はどんな経緯で制作したのですか?

「もともとデジタルで撮ってたんですが、優里の『ドライフラワー』のMVのような、フィルムの雰囲気に憧れて、フィルムビデオで撮ってみたんです。そうやって撮ったフィルムの動画をTikTokにあげたらバズって。そこから担当者の方に声をかけていただきました。これをきっかけに、だんだんとフィルムを取り入れていくようになりました」

Q5. フィルムとデジタル、どちらの映像が好きですか?

「どちらかというと、自然と楽しい感じが浮き出てくるフィルムのほうが好きです。撮影する側としてもラフに、ノンストレスで撮影できます。

でもフィルムだけの映像がいいとは思わなくて。デジタルだけだと堅苦しい感じが出てしまうので、そこを補うために、フィルムの映像を入れるような感じにしてます

Q6. 趣味はありますか?

「中学生のころからサイクリングが好きで、中古のキャノンデールのロードバイクを買って、いろんなところに行ってます。後ろに荷物をのせて、ソロキャンプもいろんな場所でしてきました。神奈川県内だけでなく、東京の奥多摩のほうまで、だいたい行きつくしてしましたね!

あとは、学校が湘南にあるんで、高校からはスケボーも始めました。友達とも滑るし、ひとりでも滑ります」

Q7. 宝物はありますか?

「抱き枕のはなちゃんです。小1のころに親にねだって、ようやく買ってもらえました。昔、3DSのコマドリ機能を使って、はなちゃんをまるで生きてるかのような動画を作ったことも。宝物でもあり、動画制作の原点とも言える存在です(笑)」

Q8. 社会が「こう変わればいい」と思うことは?

行事がまったくない高校生活だったので、みんなとマスクなしで遊べる社会に早くなってほしいです。高校でしか撮れない、制服の風景をたくさん残せたらなって思ってます」

Q9. 今後のビジョンを教えてください。

「高校を卒業したらまず、小さいころからの夢だった日本一周をする予定です。サイクリングへの興味もそうですが、行ったことのない場所に行きたい気持ちが人一倍強いんだと思います。進学は考えてません。将来のことは旅が終わった後に決めようかなって。

僕が映像に残したいのは、結婚式や七五三といった、家族の幸せな瞬間。それを叶えられる仕事に就きたいです」

Q10. 同じ時代を生きる10代に、メッセージをお願いします。

「いまはコロナのせいで、いろいろと挑戦できない時代だと思うけど、できる範囲で最大限、10代という貴重な時間を一緒に充実させましょう!」

■Maguro Bouyaの今日のファッション

パンツ/Levi's(古着) Tシャツ/Seamade(古着) スニーカー/adidas

「ズボンはリーバイスのシルバータブで、茅ヶ崎の古着屋『3peace』の半額セールのときに買いました。Tシャツは茅ヶ崎でたまにフリースペースに出店してる『Seamade』でゲット。服は、基本的にこのふたつの店でしか買わないです!」

■Maguro BouyaのSNS

★Instagram

Photo:Eri Miura
Text:Atsuko Arahata
Edit:Takeshi Koh

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)