奥野太陽インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

奥野太陽インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」

Steenz(スティーンズ)

これからの活躍が期待される、若手俳優/女優を発掘・育成する「私の卒業」プロジェクト。YOUTUBEで230万回以上も視聴された第1期、第2期に続き、第3期は劇場公開も決定しました。741名もの応募者の中から選ばれたキャストを、「Steenz」ではひとりひとりにフォーカスを当てて、単独インタビューを実施。第8回は、奥野太陽さんをフィーチャーします。

多くの人から刺激をもらえた初めての現場

―さっそくですが、今回の作品「あしたのわたしへ」の脚本を読んだとき、どう感じました?

「群像劇なので、それぞれの視点での悩みが描かれているんです。だから、いろいろな人にささる作品だなと思いました。僕自身、脚本を読んで、心が少し軽くなったような気がしました」

ー今回、奥野さんが演じた、大森智也というキャラクター。役をつかむために意識したことは?

「智也は、同級生よりもちょっと大人びてるんですよ。控えめだけど、まわりをよく見ていて、口には出さなくても、ちゃんと考えていて。だから実際に現場でも、まわりを見ることは意識していました。

あとは、劇中で思いを寄せてる子がいるので、その子が出るシーンには、現場に積極的に行くようにしたりも」

ー実際の奥野さんはどんなタイプですか?

「僕自身は、そんなに視野が広いタイプじゃなくて、焦るとまわりが見えなくなってしまうんです。その面では、智也とは逆なのかも。ただ、好きな人に対して、思わず一歩引いてしまう控えめな部分はそっくりです(笑)」

ー今回のプロジェクトは、オーディション、ワークショップと長い時間をかけて、取り組んできたんですよね。

「毎回参加するたびに、作品に対する熱がメンバーのみんなから伝わってきて、すごく刺激になりました。とはいえ役が決まるまでは、やっぱりみんなライバルなので、バチバチな雰囲気もありましたけど」

ー実際に撮影に入ってからは?

「僕にとって、今回が初めてのお芝居の現場だったんです。目の前で、同世代のメンバーの演技を見られて、本当に勉強になりました。ひとりひとり、違うお芝居があって。この作品からキャリアを始められてよかったなって思います」

ー今回のロケ地は、静岡県の伊東市だったと聞きました。どんな場所でしたか?

「地元の雰囲気と似ていて、過ごしやすかったです。あと、街の人たちが、本当に温かくて。自然もすごく綺麗だったし、本当にステキな場所でした」

ープロジェクトメンバーとの思い出は?

「実は僕、すごく人見知りなんですよ。でも、ロケの間は、他のメンバー3人と相部屋で1週間過ごしたので、年齢関係なくタメ口を使うくらい、仲良くなれました」

これからもずっと、演じることに真摯な気持ちでいたい

―ここからは、奥野さん自身のことについても質問させてください。この世界に入ったきっかけは?

「仮面ライダーが大好きで、ずっとライダーになりたいと思っていました。そんなことを知ってか知らずか、母親が俳優の養成所に履歴書を送って、そこに通うようになったのがきっかけです」

―ここ数年はコロナ禍の影響もあって、活動も大変だったのではないですか?

「そうですね。東京に拠点を移したのが、最初の緊急事態宣言が出たときで。オーディションも少なかったですし、東京に来たのにどこにも遊びにも行けずで。結局、タイミングを逃しちゃって(笑)。本当は、東京タワーとかスカイツリーとか行きたいんですけどね」

ー将来はどんな俳優になりたいですか

「まだまだ将来ビッグになる、みたいなことを言えるような立場じゃないと思っていて。まずは、謙虚な役者でいたい。脚本をいただいて、それに真摯に取り組む。そういう謙虚な気持ちを忘れずにいたいです。あとは経験を積んで、脚本の意図をもっと読み取れるようになって、与えられた役割をきちんと果たせる役者になりたいです」

ーずばり、演じることの楽しさとは?

「自分で考えて、広がっていく世界を演じるのが、すごく楽しいです。今回のプロジェクトのワークショップでも、監督の高石さんから、その役がどう生きてきたのか、どう生活してたのか考えることが大事だって教わって。そうやって想像を膨らませるのは好きなので」

ーこの先、挑戦したいことは?

「まずは役者として一人前にならなきゃと思っています。あとは、洋服が好きなので、モデルの仕事もできたらうれしいです。あとは、日本の昔の事件を調べるのが好きなので、そういう史実に基づいたような、ディープな作品の犯人役とかやってみたいです」

―最後に、「あしたのわたしへ」をどんな人に見てほしいですか?

「ひとりでも多くの方に見てもらいたいのはもちろんですが、特に、これから人生に迷ったり悩んだりしている、同世代や学生の方々に、ぜひ見てもらいたいです」

ーありがとうございました!

シャツ ¥5,940・パンツ¥7,260/すべてビームスドット

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』

高校の卒業は、多くの生徒たちにとって、人生における初めての大きな岐路。進学、就職と言った進路の問題や、恋人や友人との関係の変化など、その岐路において数々のドラマが生まれる。そんな高校生の思いや悩みを題材に、若者たちが前向きになれるストーリーを提案していく「私の卒業プロジェクト」。第3期となる今回も、静岡県伊東市を舞台に、高校生たちが自身の行末に思い悩みながらも、それぞれが決断をしていく、そんなドラマが繰り広げられる。

■予告編

■作品情報

【タイトル】あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―
【出演】永井彩加 織部典成 / 三原羽衣 南北斗 / 立石ケン 片田陽依 足川結珠
小高サラ 加藤菜津 宮本和奏 道北陽菜 中正夕愛 木村魁希 簡秀吉 奥野太陽 桜木雅哉 さかたりさ 伊藤雛乃 菅田愛貴 八木拓海 村田寛奈 島太星 他
【脚本】松本美弥子 高石明彦
【音楽】片田陽依 高石明彦
【監督】高石明彦 北川瞳
【撮影協力】伊東市
【プロデュース】高石明彦 花田聖
【企画・制作】The icon

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』は、Apple TV、Amazon プライム・ビデオ、FOD、GYAO、Google Play、DMM、ひかりTV、ビデオマーケット、VIDEX、U-NEXT、Rakuten TV (50音順)にて配信中!

公式YouTubeでは冒頭9分を無料配信中です。

奥野太陽プロフィール

おくのたいよう
年齢:21歳(2022年4月現在)
誕生日:2002年2月3日
出身値:愛知県
身長:181cm
趣味:映画鑑賞、ゲーム、サイクリング
所属事務所:ディケイド

Photo:Chihiro Ishino
Styling:Saori Minegishi
Hair&Make-up:Yuko Umezawa
Text:Saori Otobe


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)