ひとりひとりが個性を活かして楽しく働ける世界を。早大ビジネス企画サークル「Run」の創設者【中村結・19歳】
見出し画像

ひとりひとりが個性を活かして楽しく働ける世界を。早大ビジネス企画サークル「Run」の創設者【中村結・19歳】

Steenz(スティーンズ)

「気になる10代名鑑」114人目は、中村結さん(19)。ひとりひとりが『好き』を追求できるような場所をつくるため、ビジネス企画サークルを創設しました。北海道から憧れの早稲田大学に入学し、全力で前に進んでいる中村さんに、その想いを聞いてみました。

■中村結を知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「早稲田大学人間科学部2年生、北海道出身の中村結です。今年、早大ビジネス企画サークル『Run』を立ち上げ、大学生のリアルを伝える雑誌の制作を進めてます。いまは、11月にある早稲田祭での販売に向けてがんばってます!」

Q2. 活動について詳しく教えてください。

雑誌づくりが活動の軸です。『大学生になったらこんな世界が見えるんだよ』というリアルな情報を、自分たちの目線で、受験生に発信したいです。私自身、受験生のとき、早稲田大学での生活を想像することを心の支えにしていて、『早稲田魂』『マイルストーン』といった早稲田の学生向け情報誌を読み込んでいたんです。かつての私のような人たちに届くといいなと思ってます。

それに雑誌には、イラストや写真、ライティングなど、さまざまな要素が盛り込まれるので、メンバーひとりひとりが、好きなことを実現しやすいと思ってます」

Q3. 活動の軸となる想いを教えてください。

「私は『ひとりひとりが働くことに対して前向きな社会』をつくることを目指しています。というのも、上京する前、身近に楽しそうに働いている大人がいなくて。そういう大人ばかり見ていると、子どもは大人になることに対して、夢や希望を持たなくなってしまうなと思ったんです。また、楽しく働けない根底には『個性を活かせる環境に身を置けてない』という原因があると思います。

個性を活かせる場をつくりつつ、夢を持つきっかけとなる情報を発信したいと考えた結果、立ち上げたのが『Run』です

Q4. 自分でサークルを立ち上げようと思ったのはなぜ?

「サークルを立ち上げるまでは、東大ビジネス企画サークル『Axis』に入ってたんですけど、代表に自分の『働くこと』に関する想いを伝えたら、フリーランスのイラストレーターさんを支援する活動に誘ってもらって。

『好き』を活かして仕事をすることの良さを改めて実感して、もっとそういう人を増やすことに集中して活動したいと思ったんです。そこで、構想していたサークルの立ち上げに踏み切りました」

Q5. 普段はどんな友達と過ごすことが多いですか?

「サークルの立ち上げのために一緒にがんばったメンバーとか、学生寮が同じ子とか、大学の友達と過ごすことが多いです。

もともと人と仲良くなるのに時間がかかるタイプなんですけど、一緒にいる時間が長いのもあって、すごく打ち解けることができてます。こんな素敵な仲間に出会えたことを思うと、はるばる上京して本当によかったなって思います!

現在のRunのメンバー6人
学生寮が同じでいつも一緒にいる、ミャンマー出身のティンさん

Q6. 宝物を教えてください。

インフルエンサーのかとうあいりちゃんのサインです。『TINA:JOJUN』っていう、私がいま着ている服のブランドをつくった方で、店舗にいらっしゃったときにいただいたんです!」

Q7. 趣味はありますか?

「人の強みの元を探るツール『ストレングスファインダー』を使って出た結果をどう活かすか考えたり、友達と共有したりすること。それから、Notionのかわいい使い方を、Pinterestで検索すること。

あとはイラストを書くことも。イラストはもともと描くのが好きだったのに、あまり力を入れられてなくて。あるとき、『好き』を活かせる社会にしたいとか言ってる私が『好き』を追求しなくてどうするんだって思って、本格的に描き始めました。今後はたくさん作品をつくって、イベントをしたいです!」

Q8. 努力してることはありますか?

「少しでも興味のあることが出てきたら、徹底的に調べます。ひとつ情報を知らなかっただけで、自分の可能性が狭まるかもしれないって考えると、もったいなく思っちゃって。受験のときも、気になる学校の資料はひたすら取り寄せたし、東京を訪れたときは『全部の大学をひと通りは見た!』って思うまで、大学を回りました」

Q9. 生きるうえでのポリシーがあれば教えてください。

「前を向いて進み続けることです。小学校のときの転校や、中学で所属してた陸上部、高校の受験勉強などで、心が折れそうになったこともあったけど、たくさんの人から助けられて、なんとかここまで生きてこれました。これからつらいことがあっても、応援してもらっていることを支えに、成長し続けたいなと思います

Q10.同じ時代を生きる10代に、メッセージをお願いします。

まわりの意見に左右されずに、自分の意志を持つことが大事だと思います。もちろん、人の意見をうまく取り入れることも大切ですけど、自分はひとりしかいない。何をするにしても、決断をするのは結局自分ですから」

■中村結の今日のファッション

シャツ・ワンピース/TINA:JOJUN リング/GU ネックレス/Lattice 靴/ORiental TRaffic

「染めたばかりの髪色と統一感を出したコーデを組みました。服飾の専門学校に行こうとしていたぐらいファッションが大好きで、毎日何を着ようかなって考えるのが楽しみなんです」

■中村結のSNS

Twitter(サークル)

Instagram(サークル)

Instagram(個人)

Instagram(イラスト)

note

Photo:Eri Miura
Text:Ayaka Shinada
Edit:Takeshi Koh

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)