Steenz(スティーンズ)
菅田愛貴インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

菅田愛貴インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」

Steenz(スティーンズ)

これからの活躍が期待される、若手俳優/女優を発掘・育成する「私の卒業」プロジェクト。YOUTUBEで230万回以上も視聴された第1期、第2期に続き、第3期は劇場公開も決定しました。741名もの応募者の中から選ばれたキャストを、「Steenz」ではひとりひとりにフォーカスを当てて、単独インタビューを実施。第13回は、『超ときめき♡宣伝部』のメンバーとして、アイドルとしても活躍する、菅田愛貴さんをフィーチャーします。

メンバーみんなで考えたダンスを見てほしい

ー今回演じた吉田心美というキャラクターについて、実際の菅田さんとの違いや共通点はありましたか?

「けっこう無邪気というか、クラスメイトの中では幼い感じなのかなって。私もよく、『明るいね』とか『いつも前向きだね』とか言われることが多いので、性格的にはマッチしていて、挑戦しやすいのかなって思いました」

ー今回の作品の中で、特に頑張ったところは?

「ダンス部の部員の役だったので、みんなで踊るシーンがあるんですけど、それは振り付けを自分たちでイチから考えたんですよ。そんなに時間はなかったけど、可愛さとカッコよさを入れたいねって話して作りました。

本番でも、みんな失敗することなく踊れたので、それは本当に嬉しかったです。自分たちで考えたダンスだからこそ、愛情がこもっているので、みんなにも見てほしいです!」

ーメンバーとの撮影での思い出は?

「ロケの期間は、3人での相部屋だったんですけど、一緒になったメンバーの子たちとたくさんお話ししたり、夜に少しだけ他の部屋に行っておしゃべりしたりしました。お互いのことをたくさん知ることができて、こんな一面もあるんだなって思ったり。それで、みんなのことを大好きになりました!」

ーロケ地は静岡県の伊東市だったそうで、どんなところでしたか?

「ドラマの撮影とは別に、伊東市の魅力を伝えるために、オレンジビーチっていうところに行ったんです。海が本当にキレイで、魚も見えたんです。街並みも本当にキレイで、カラフルな建物が多くて。あと、おいしいものがたくさんありました(笑)」

ー撮影に入る前に、演技のワークショップがあったそうですが、そこで得られたものはありましたか?

「今回のワークショップで、初めて台本の前のプロットを見せていただいたり、完成する前の台本を読ませていただいて、作品がつくられる過程の深さを知ることができました。脚本家さんと同じくらい、ちゃんと台本を理解できるように、いっぱい考えることが本当に大切なんだなっていうのを学びました」

演技をすることで、自分じゃない自分に出会える

―今度は、菅田さん自身のことについても質問させてください。この世界に入ったきっかけは?

「小学校2年生のころから、アイドルになりたいっていう夢はあったんです。それで小学5年生のときに、オーディションを受けようとしたら、ちょうどそのタイミングで、スカウトしていただいて。それも、竹下通りとかじゃなくて、ショッピングモールみたいなところのラーメン屋さんで(笑)。すごく嬉しかったですね」

―ここ数年はコロナ禍の影響もあって、活動も大変だったのでは?

「グループに所属したのが2020年4月だったんですけど、ちょうどコロナが始まった時期で。レッスンはずっとしていたんですけど、ライブも無観客しかできなくて、それはちょっと悔しかったですね。でも加入から半年くらいして、初めてお客さんの前でライブができたときは、すごく嬉しかったです」

―アイドル活動をしながら、女優としても今後、活動を広げていかれると思いますが、演技は楽しいですか?

「すごく楽しいです。お芝居をすることによって、新しい自分になれるし、普段の生活の中にはないような、いろんな感情になれる。いつもの自分じゃない自分も堂々と出していけるっていうのが、すごく面白いんです」

ーこの先、挑戦してみたい役はありますか?

「たくさんあります! 今回の役とはちょっと違うミステリアスな役とか、かっこいい役にも挑戦したいですし、異世界モノとか、スパイの役とか、やってみたいです。あとは、私も小さいころ、テレビや映画に出ている女優さんのお芝居を見て、キラキラしているのに憧れたので、そういう役をいつかやってみたいです」

―最後に「あしたのわたしへ」をどんな人に見てほしいですか?

「やっぱり、私と同世代の方に見てもらいたいな。いろいろと悩む時期だと思うし、将来が不安になっちゃったり、どうしたらいいかわからなくなることも多いと思うんです。そういうときにこの作品を見て、前に向かって、ちょっとでも背中を押すことができたらいいなって思います」

ーありがとうございました!

ニットポロ¥4,510 ・スカート ¥5,940/ビームスドット

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』

高校の卒業は、多くの生徒たちにとって、人生における初めての大きな岐路。進学、就職と言った進路の問題や、恋人や友人との関係の変化など、その岐路において数々のドラマが生まれる。そんな高校生の思いや悩みを題材に、若者たちが前向きになれるストーリーを提案していく「私の卒業プロジェクト」。第3期となる今回も、静岡県伊東市を舞台に、高校生たちが自身の行末に思い悩みながらも、それぞれが決断をしていく、そんなドラマが繰り広げられる。

■予告編

■作品情報

【タイトル】あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―
【出演】永井彩加 織部典成 / 三原羽衣 南北斗 / 立石ケン 片田陽依 足川結珠
小高サラ 加藤菜津 宮本和奏 道北陽菜 中正夕愛 木村魁希 簡秀吉 奥野太陽 桜木雅哉 さかたりさ 伊藤雛乃 菅田愛貴 八木拓海 村田寛奈 島太星 他
【脚本】松本美弥子 高石明彦
【音楽】片田陽依 高石明彦
【監督】高石明彦 北川瞳
【撮影協力】伊東市
【プロデュース】高石明彦 花田聖
【企画・制作】The icon

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』は、Apple TV、Amazon プライム・ビデオ、FOD、GYAO、Google Play、DMM、ひかりTV、ビデオマーケット、VIDEX、U-NEXT、Rakuten TV (50音順)にて配信中!

公式YouTubeでは冒頭9分を無料配信中です。

菅田愛貴プロフィール

すだあき
年齢:17歳(2022年5月現在)
誕生日:2004年12月20日
出身地:東京都
身長:153.5cm
趣味:ピアノ、水泳、書道、アニメ鑑賞、ゲーム、剣道

Photo:Chihiro Ishino
Styling:Saori Minegishi
Hair&Make-up:Yuko Umezawa

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)