中正夕愛インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」
見出し画像

中正夕愛インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」

Steenz(スティーンズ)

これからの活躍が期待される、若手俳優/女優を発掘・育成する「私の卒業」プロジェクト。YOUTUBEで230万回以上も視聴された第1期、第2期に続き、第3期は劇場公開も決定しました。741名もの応募者の中から選ばれたキャストを、「Steenz」ではひとりひとりにフォーカスを当てて、単独インタビューを実施。第11回は、無所属ながらオーディションを通過し、今作が映像作品の初出演となった中正夕愛さんをフィーチャーします。

初めてのお芝居…緊張よりも楽しさのほうが勝った

―さっそくですが、最初に台本を読んだとき、どんな印象でしたか?

「私は演技の経験がまったくなくて、映像の作品自体に出るのが初めてだったので、台本をいただいたとき、思わず感動しちゃいました! すごい、これが本物の台本なんだって。でも、それと同時に、監督や脚本家さんの、作品に対する熱い思いみたいのが伝わってきました」

―中正さんが演じた、本条凛というキャラクターについては?

「凛は恋をしてる役なんですが、好きな人に気持ちを伝えるのに、すごく時間がかかってしまうような、控えめな性格の子なんだなって。そこがすごくかわいいなって思いました」

ー実際の中正さんはどんなタイプ?

「うーん、もしも私が凛の立場だったら、好きっていう気持ちをもっと前面に出しちゃうと思います(笑)。あんまり駆け引きとかできないタイプなので」

ー凛のキャラクターをつかむために意識したことは?

「台本をたくさん読み込んで、凛という人物に想像を膨らませて、練習をしました。凛も自分と同じ高校生なので、演技をしているからといってかしこまりすぎず、なるべく普段使ってるような言葉遣いで、ラフに芝居できるように心がけていました」

ー撮影の前には、厳しいワークショップがあったと聞きました。

「そうです! メンバーにはお芝居の経験がある人も多かったので、すごい迫力でした。ワークショップ中は、周りの方々の演技を見て圧倒されてばかりで……。そのたびに、なんで私ここにいるんだろう、私なんかがここにいていいのかな……と、マイナスなほうに気持ちが流れてしまって」

ーなるほど。そんなワークショップを経ての撮影だったんですね。

「ワークショップ中は緊張してばかりだったんですけど、撮影はすごく楽しかったです。出番がないときも、他のメンバーの撮影現場を見学して、演技について勉強したり。とにかく、初めて見ることばかりだったので、映画ってこうやってできるんだなって、ずっと感動してました」

ーロケは静岡県の伊東市ということで、どんな場所でした?

「実は私、伊東にはちょっと縁があって。兄弟が通っていた学校がたまたま伊東にあったんです。だから、以前、訪ねたことがあって。久々に行って、ちょっと懐かしい気持ちになりました。景色がキレイで、空気もおいしくて。何度来ても良い街だなって思います」

きっかけは憧れの人に会いたくて受けたオーディション

―続いて、中正さん自身のことについても質問させてください。今回のプロジェクトに参加したきっかけは?

「すごくミーハーなんですけど、『私の卒業プロジェクト』の2期生に、憧れている人がいて。あるとき、その人のTwitterのタイムラインに、3期のオーディションをやるっていうのが流れてきて。もし受かったら、その人に会えるかも……って思って、応募したんです(笑)。まさか受かって、自分がメンバーになれるとは思っていませんでした」

―学校に通いながらの活動ということで、大変だったことは?

「そうですね。全部で7回もワークショップがあって、さらに撮影も長かったので、何度か授業をお休みしないといけなかったんですけど、学べることは本当にたくさんありました。だから、大変だったことよりも、充実していたっていう印象のほうが強いです。最初は恥ずかしくて、友達に言ってなかったんです。でも、ワークショップや撮影を通して、いろんな人に見てほしいっていう気持ちのほうが強くなって、今は隠さずに活動してます」

ーこれから挑戦したことはありますか

「今回、初めてお芝居を経験して、新しいことをたくさん経験できたので、広い視野を持って、さらにいろんなことに挑戦してみたいです」

―最後に「あしたのわたしへ」をどんな人に見てほしいですか?

「高校生のお話なので、特に学生の方には、共感してもらえる部分が多くあると思います。この先どうしようとか、今のままでいいのかなとか、そうやって思い悩んでる人に、ぜひ見てもらいたいです」

ーありがとうございました!

スウェット¥5,940・パンツ¥6,490/すべてビームスドット

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』

高校の卒業は、多くの生徒たちにとって、人生における初めての大きな岐路。進学、就職と言った進路の問題や、恋人や友人との関係の変化など、その岐路において数々のドラマが生まれる。そんな高校生の思いや悩みを題材に、若者たちが前向きになれるストーリーを提案していく「私の卒業プロジェクト」。第3期となる今回も、静岡県伊東市を舞台に、高校生たちが自身の行末に思い悩みながらも、それぞれが決断をしていく、そんなドラマが繰り広げられる。

■予告編

■作品情報

【タイトル】あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―
【出演】永井彩加 織部典成 / 三原羽衣 南北斗 / 立石ケン 片田陽依 足川結珠
小高サラ 加藤菜津 宮本和奏 道北陽菜 中正夕愛 木村魁希 簡秀吉 奥野太陽 桜木雅哉 さかたりさ 伊藤雛乃 菅田愛貴 八木拓海 村田寛奈 島太星 他
【脚本】松本美弥子 高石明彦
【音楽】片田陽依 高石明彦
【監督】高石明彦 北川瞳
【撮影協力】伊東市
【プロデュース】高石明彦 花田聖
【企画・制作】The icon

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』は、Apple TV、Amazon プライム・ビデオ、FOD、GYAO、Google Play、DMM、ひかりTV、ビデオマーケット、VIDEX、U-NEXT、Rakuten TV (50音順)にて配信中!

公式YouTubeでは冒頭9分を無料配信中です。

中正夕愛プロフィール

なかしょうゆめ
年齢:16歳(2022年4月現在)
誕生日:2005年8月4日
出身地:
身長:162cm
趣味:ドラム、創作ダンス、書道、映画・アニメ鑑賞

Photo:Chihiro Ishino
Styling:Saori Minegishi
Hair&Make-up:Yuko Umezawa
Text:Saori Otobe

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)