Steenz(スティーンズ)
将来は子どもたちのヒーローになりたい!プロリーグで活躍するダンサー【MARIN・19歳】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

将来は子どもたちのヒーローになりたい!プロリーグで活躍するダンサー【MARIN・19歳】

Steenz(スティーンズ)

気になる10代名鑑」の160人目は、MARINさん(19)。日本発のダンスのプロリーグ・D.LEAGUEに参戦しているダンスチーム「dip BATTLES」のメンバーとして活動しています。ダンスの素晴らしさを広めようと、日々奮闘するMARINさんに、その熱い思いを聞いてみました。

■MARINを知る10の質問

Q1.プロフィールを教えてください。

「千葉県出身の19歳です。4歳からダンスを習い始めました。去年の7月、2ndシーズンから、ダンスリーグ『D.LEAGUE』で、プロダンスチーム『dip BATTLES』のメンバーとして活動してます

Q2.D.LEAGUEに参加したきっかけは?

コロナ禍で、お客さんの前で踊る機会がなくなって、モチベーションも低下していたんです。でもそんなときに、D.LEAGUEの1stシーズンを観て。自分の好きなダンスで、たくさんの人から、自分を評価してもらえるこのリーグに魅力を感じて参加しました。

ちなみに『D.LEAGUE』というのは、日本発のプロダンスリーグで、全11チームが12シーズンを通して競い合って、日本一のダンスチームを決めます。“誰でも分かるNEW STANDARD”をつくるという目標を掲げて、ダンスの民主化を目指してるのですが、そこにも共感しました」

Q3.どんなことを大切にして、活動していますか?

「どんな状況にいたとしても、それを楽しむこと。それから、D.LEAGUEではチームワークもとても重要なポイントなので、仲間に対するリスペクトも大切にしてます。​​チームの雰囲気を明るくしたり、性格の違いを超えて、いいところを見つけ合うようにしています。それはダンサーとしてだけじゃなく、人間としても重要だと思っています

Q4.髪色にこだわりはありますか?

「いまのチームに加入したときに、人生で初めてブリーチをして、そこからずっと金髪です。『ハイトーンの子』というふうに覚えてもらって、見てくれた人の印象に焼き付けることが目的。とはいえ、正直ちょっと飽きてしまって、そろそろ暗くしたいなとも思っています(笑)」

Q5. 「宝物」を教えてください。

「大好きな師匠のTATSUKIくんからいただいた、GUCCIの指輪です。中学生のとき、ダンスを習い始めたばかりのころにもらってから、ずっと着けてます! たぶん、なにげなくくれたんだと思うんですけど、とても嬉しくて、毎日身に着けてるお守りです」

Q6. 生きるうえでのポリシーがあれば教えてください。

自分の直感を信じること! やりたいと思ったことを、やるようにしてます」

Q7. 自分の直感を信じたエピソードを教えてください。

ダンスを専門とした高校に進学することを決めたことですね。家から片道2時間弱かかる場所にあって、悩んだんですけど、ずっと行きたかったという思いもあって、自分の直感を信じて入学を決めました。いまの自分があるのは、あのときの決断のおかげだなって思います」

Q8. 社会が「こう変わればいい」と思うことはありますか?

ダンスの価値を、もっと評価してくれる社会になってほしいです。野球やサッカーみたいな、幅広い層に人気のあるものにするのが目標。大会の賞金額、メディアへの露出度、それからファンの数……あらゆるものを、もっともっと増やしていきたいです。早く実現できるように、SNSでの発信もがんばっています!」

Q9. 今後の展望・将来の夢は?

まずは目の前にあることを全力で取り組みながら、将来は子どもたちのヒーローみたいな存在になりたいです。『MARINみたいになりたい』『MARINのダンスを見に行きたい』って思ってもらえるような、みんなの目標になりたいです」

Q10. 同じ時代を生きる10代に、メッセージをお願いします。

若いからこそ、なんでも怖がらずにチャレンジして、やりたいと思ったことには、まわりの目を気にせず、ぶつかりに行くのが大事なんじゃないかと思います。10代でしかできない思い切りで、どんな困難も乗り越えていきましょう! 楽しむことがいちばん大切だと思います」

■MARINの今日のファッション

オールインワン/SLY サンダル/GRL バッグ/SENSE OF PLACE ベルト/H&M ネックレス/ 母からのプレゼント ピアス/ZARA リング/GUCCI

黒で統一してみました。差し色にゴールドを散りばめたところがポイントです。ちなみに今日のネックレスは、お母さんから誕生日プレゼントとしてもらったもの。私が生まれた年の数字で、とても気に入っています。季節によってアクセサリーを使い分けていて、もっと暑くなってきたら、シルバーアクセに変えています」

■MARINのSNS

★Instagram

Photo:Eri Miura
Text:Mai Sugawara
Edit:Takeshi Koh


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)