Steenz(スティーンズ)
「勉強しろ!」なんて聞く必要ない。反抗心を原動力にする高校生アーティスト【Toogi Noguchi・16歳】
見出し画像

「勉強しろ!」なんて聞く必要ない。反抗心を原動力にする高校生アーティスト【Toogi Noguchi・16歳】

Steenz(スティーンズ)

「気になる10代名鑑」の157人目は、Toogi Noguchiさん(16)。都内の高校に通いながら、自身で描いた絵やデザインを手掛けたグッズを販売しています。先日渋谷PARCOで行われた『GAKU FLEA MARKET』への出店も大成功に終わったというToogi Noguchiさんに、創作活動のことや、その裏側に隠れる苦悩など、お話を伺いました。

■Toogi Noguchiを知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「東京都出身の16歳、高校2年生です。まだ『絵描きです』って自分で言えるほどではないんですけど、趣味で描いた絵をSNSやフリーマーケットで販売してます」

Q2. 絵を描き始めたきっかけは?

小さいころから絵を描くのは好きだったけど、楽しいと思って描くようになったのは、高校に入ってから。というのも僕、勉強がめちゃくちゃ苦手で。高校に入ったタイミングで、少しでも勉強する時間を減らすために美術の授業を選択したんです。

それきっかけに、絵と触れ合う時間が多くなって、絵を描く楽しさにも、どんどん気づいていった感じです」

Q3.本格的に活動するようになったきっかけは?

「知り合いから『ポストカードの裏に絵を描いてよ』ってお願いされて。当時僕は、お小遣いが500円しかなかったので、『絵を描いて、お金ももらえるなんてラッキー』くらいの気持ちで依頼を受けたら、それがすごく好評で。そこから自信がついて、SNSで自分の描いた絵を販売するようになりました。

先日は渋谷PARCOのスペース『GAKU』のフリーマーケットに出店させていただきました。そこに出した作品も、ありがたいことにほぼ完売して……。めちゃくちゃ嬉しかったです!」

Q4. どんなことを大切にして活動していますか?

「自分が描きたいと思ったものを本能のままに描くこと! 落書きに近い感じで描いてるので、作品を通して伝えたいこととかメッセージ性とか、理屈っぽいことは正直あんまり考えてないんです。

作品のインスピレーションはいつどこで湧き出てくるかわからないんで、スケッチブックは常に持ち歩いてます。たとえば満員電車の中とか、アイデアはいきなり浮かんでくる。そういうときは、その場ですかさずペンを走らせてますね(笑)」

Q5. 創作活動のモチベーションになっているものは?

「中学生のときに親と喧嘩して、5日間くらい本気で家出をしたことがあるんです(笑)。工事現場や高架下で寝たりして過ごしたんですが、そのときに抱いた反抗心みたいなものが、いまでも大きなエネルギーになっていて。

そのときのことを思い出すと、『もっとがんばろう!』って気持ちになるんです。中学生でそこまで思い切ったことができた行動力も、いまの自分の自信に繋がっています」

Q6. 10代だからこそ感じた壁や苦悩は?

10代って、親にいろんな面でサポートをしてもらっているからこそ、ある程度親の言うことを聞かなきゃいけないこともあると思うんです。もしも親の反対を押し切ってでもやりたいことをやり続けるなら、それなりの覚悟が必要になる場面もあると思います。

僕の父親はもともと厳しいタイプでした。だから勉強せずに絵を描いたり、好きなことばかりをやっていると怒られてしまうことがよくあって。でも、あるとき真剣に『これからは自分の好きなように生きていくから、何も言わないで』って伝えたら、理解してくれて。絵に関するお金のサポートは一切受けない代わりに、自分の好きなことをやらせてもらってます

Q7. 社会がこう変わったらいいと思うことは?

子どもの主張を、もっと大人が聞き入れる社会になってほしいと思います。たとえば校則とか

僕自身は、大人に対しても、疑問を持ったらすぐ声をあげられるタイプだけど、そうじゃない人のほうが多いと思うんです。もっと子どもの声に耳を傾ける大人が増えてくれればいいなと思います」

Q8. 趣味はありますか?

ギターです。アコースティックギター部に入っていることもあって、1日1時間は必ず練習するようにしています。でも、いつもテストで赤点を取っているので、学校で定期的に開かれるライブには出させてもらえなくて……。先生に無許可で、朝校門の近くで新入生歓迎ライブを開いて、50人くらいの人を集めたこともあります(笑)」

Q9. 今後のビジョンを教えてください

「自分の描く絵を世の中のなるべく多くの人に見てもらいたいです! そのためにはいろんな国の人とコミュケーションを取れるようになる必要があると思うんで、まずは高校を卒業したら、自分で貯めたお金でカナダに留学します。そこでいろんな経験を積んで、表現の幅を増やそう思っています。

最終的にどんな絵が描けるようになるのか、自分でも見るのが楽しみです!」

Q10. 同じ時代を生きる10代にメッセージをお願いします。

「若いうちは、失敗しても親とか年上の人たちとか、誰かしらが支えてくれるので、たくさんのことにチャレンジして、たくさん失敗しまくりましょう! 失敗こそ、成功へのいちばんの近道! その失敗で身に付けた経験は、必ず将来の大きな武器になると、僕は信じてます」 

■Toogi Noguchiの今日のファッション

トップス/POLO RALPH LAUREN パンツ/古着

「最近暑くなってきたけど、僕は寒がりなので、長袖のトップスとハーフパンツでバランスを取りました。パンツは祖父から、トップスは兄からもらったものです。兄がふたりいることもあって、ゆずってもらった服を着ることが多いです」

■Toogi NoguchiのSNS

★Instagram

Photo:Eri Miura
Text:Yui Kato
Edit:Takeshi Koh



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)