Steenz(スティーンズ)
オタクなティーンがいま、いちばん貢ぎたいのは?10代のセキララ“推し活”トーク【TEEN’S CHIT CHAT #5】
見出し画像

オタクなティーンがいま、いちばん貢ぎたいのは?10代のセキララ“推し活”トーク【TEEN’S CHIT CHAT #5】

Steenz(スティーンズ)

東京・恵比寿のとあるカフェ。通りを歩いていると聞こえてくるのは、ティーンたちのリアルな取り留めのない話と、楽しそうな笑い声。おしゃべりしているのは、以前「気になる10代名鑑」に登場してくれた、村田夕奈(17)、小春(18)、もも(19)の3人。さて、今日はどんな話題で盛り上がっているんでしょうか? ちょっと、盗み聞きしてみましょう。

今回のテーマ「ライブ?握手会?グッズ?推しの○○に貢ぎたい!」

右から、村田夕奈・小春・もも

【それぞれのオタク事情】

もも:19歳。フリーランスのライター。アイドルオタク歴6年。4人組の女性アイドルユニット「神宿」推しで、ライブやチェキ会に通う。ほかにも、男性の声優など幅広く推し活中。

小春:18歳。書評アイドル。アイドルオタク歴7年。「超ときめき♡宣伝部(とき宣)」をはじめ、箱推し(※)が多め。解散したグループや卒業したメンバーを後から好きになることも多い
※1人のメンバーではなく、グループ全体を推すこと。

村田夕奈:17歳。映画監督。アイドルオタク歴5年。「48グループ」「とき宣」を推すほか、「BiS」「BiSH」などといったWACKグループなどのライブにも参戦。基本、箱推しが多め

やっぱりライブが好き!

小春:この前、乃木坂のバスラ(※)に、卒業しちゃった推しが出てたんだよ! 行きたかったなぁ……。私、なぜだか解散したり、卒業しちゃったりした後に、好きになっちゃうんだよね(笑)。だから、YouTubeやTwitterで過去動画を漁っているけど、やっぱりライブで体感してみたいって思った!
※乃木坂46が毎年行っている、バースデーライブのこと。

もも:私も。チェキ会にも行くけど、どっちかっていうとライブが好き。コロナでライブになかなか行けなくなったとき、動画で見られるならこれでいいかなって思ってたけど、最近再開し始めて、やっぱライブしか勝たんな……ってなった。

小春:わかるー! やっぱライブだよね。でも、外れまくっていて、全然行けてない……。だからこの前、フェスでBiSHを見たとき、テンション爆発させてきた!

夕奈:え~、いいな! 私は実力があって推しちゃうことも多いから、イコラブとかWACKとかはまさにそうだけど、ライブのほうが音源を超えるっていう意味で、ライブが好きかな。

もも:その場のオタクたちの熱量を感じられるのもいいんだよね~! あの満足感には敵わない。

握手会やチェキ会もいいけれど…

夕奈:私、まだ握手会に行ったことはないんだけど、どんな感じ?

小春:お金をかけるならライブ派だけど、握手会は認知してもらえることもあるから、それはそれで大事。そう考えると、ライブか握手会、どっちがいいのか……正直揺らぐ(笑)。

もも:最初は認知されたいとは思わずに会いに行ってたけど、高校生のとき、制服でチェキ会に行ってたら、覚えてくれたみたいで。そういう取っ掛かりがあったからこそ、認知されたいっていう欲が出てきて……。そのまま3回ループしちゃった(笑)。

小春:逆に尊すぎて、直接会っていいのかな……って思うことも、なくはない。けど、できることなら実際に推しに会いに行きたいよね~!

夕奈:なかなか会いに行けないけど、余裕があるなら握手会も行きたい。でもやっぱりライブがいちばん好きなんだと思う。

ライブは友達といっしょが楽しい

もも:私、チェキ会はひとりでも行ける派なんだけど、ライブには、会場で仲良くなった子とか、SNSでつながった子とか、誰かといっしょに行きたいんだよね。

夕奈:私も、どっちかっていうと友達と行きたいな。あらかじめ、ライブに行く前に友達つくる!

もも:感情を発せられる対象がいたほうが、もっと楽しめる気がする。ひとりだと『ギャーッ』って騒ぎにくくて……。

小春:わかる! 私は友達で同じ趣味の子がいたら誘うくらいだけど、それでもひとりで行くことはほとんどないかな。でも、チェキ会デビューしたいから、オタ活もひとりでできるようにもなりたいなって思いつつある……。

推しカラー、どう取り入れる?

小春:みんなはライブのときって、どういう格好してる?

夕奈:ちょっと甘めになることが多いかな。でも、WACKは熱気がすごいから、運動しにいくみたいなスタイルになる(笑)。BiSだと、1曲まるまるスクワットする曲とかあるから。

もも:その現場の雰囲気にだいぶ左右されるよね。わたしは推しカラーをネイルとか小物でさりげなく入れる。ガッツリは入れずに、パーツとか小物で取り入れたい。一時期あった、全身推しカラーコーデとかはしないなー。

小春:確かに、まわりでもあんまり見なくなったかも。わたしは箱推しだから、ペンラ(※)とかグッズとか、何色にすればいいかわかんなくて(笑)。でも、とき宣は、箱推し用なのかわからないけど、メンバーカラー以外のオレンジが用意されてるからありがたい。
※「ペンライト」の略。

夕奈:箱推し用にもペンラがあるのはありがたいよね! わたしも初めてBiSのライブ行ったときは、推しが決まってなかったから、推しと関係ないアイテムを探してた。でも、拳を振り上げて『騒げ~』っていう感じだから、結果、ペンラ使うヒマなかったけど(笑)。

グッズはさりげないのが好き

夕奈:グッズも、本当にいろんなのがあるよね! 会場に置いてあるガチャ、めっちゃ回しちゃう

もも:ついやっちゃうんだよね~、わかる! ひとつひとつが安いのを口実に、いっぱい買って、結局ダブっちゃって意味ない……みたいな(笑)。

小春:ほんとそれ! わたしもグッズを集めるとしたら、生写真か缶バッチだな! かさばらないし、集めてもいいかなって思える。

もも:生写真か缶バッチ以外だと、グループや人の名前がドンって入ってるより、さりげないのが好き。あと、わたしの声優の推しは、名前は入ってないけどその人がプロデュースしているブランドがあって、そういうのは身につけたくなる!

夕奈:私も、ライブのタイトルがついているだけのトラベルポーチ3点セットは、ありがたかったな。ちょっと謎なのが、推しハンガー(※)。あれって、ガチのオタクが楽しそうだからいいのかな……?
※メンバーの肩から上をかたどったハンガー。

小春:もはやあれはネタに使うための道具な気がする(笑)。

今回のカフェは・・・JOE TALK COFFEE(恵比寿)

恵比寿駅から徒歩2分。今年3月にオープンしたばかりコーヒースタンド。「日常の」「ありふれた」を意味する「常套句」に由来する店名のとおり、フラッと立ち寄れる気軽さが魅力です。毎日店内で焼き上げるカヌレは、SNSでも大評判。バニラ香るプレーン味と、自家焙煎コーヒーを使用したコーヒー味の2種類を楽しむことができます。

JOE TALK COFFEE
住所:〒150-0011 東京都渋谷区東3-16-10 三浦ビル 1F
営業時間:10:00-20:00
オフィシャルサイト:https://www.joetalk-coffee.jp/
Instagramアカウント:@joe_talk_coffee_

登場したティーンのスナップ

Text: Atsuko Arahata
Photo: Kaori Someya

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)