Steenz(スティーンズ)
足川結珠インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

足川結珠インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」

Steenz(スティーンズ)

これからの活躍が期待される、若手俳優/女優を発掘・育成する「私の卒業」プロジェクト。YOUTUBEで230万回以上も視聴された第1期、第2期に続き、第3期は劇場公開も決定しました。741名もの応募者の中から選ばれたキャストを、「Steenz」ではひとりひとりにフォーカスを当てて、単独インタビューを実施。第5回は、雑誌モデルとしても活躍している足川結珠ゆずさんをフィーチャーします。

厳しいワークショップがあったからこそ、舞という役を演じられたと思う

―さっそくですが、今回の作品「あしたのわたしへ」で演じた、舞というキャラクターについて、脚本を読んだとき、どう感じました?

「性格が良くて、すごく友達想いで……。言葉ひとつひとつ、相手の気持ちを考えながら選んでいるような、そんな素敵な子だなって。物静かで、正直なところ、私とは似ても似つかないタイプです(笑)」

―実際の足川さんはどんなタイプ?

「私は何か思うことがあったら、けっこう考えなしに発言しちゃうタイプなんです(笑)。なので、この役をいただいたときは、ちょっと驚きもありました。でも、脚本を書いてくださった作家さんの思いを強く感じたので、演じることができて、すごく嬉しかったです」

―役をつかむために、意識したことは?

「たぶん舞って、普段からまわりを見て、みんなが何を考えているか感じ取ろうとしているんだと思うんです。だから、私もそれを意識して生活するようにしていました。あと、舞っぽい性格の友達に、話を聞いてみたりもしました」

―役が決まる前に、オーディションと演技のワークショップがあったんですよね。

「そうです。オーディションから撮影終了まで、約半年間ありました。ワークショップは他にも受けたことはあるんですけど、今回の『私の卒業』では、役をいただけるかわからない中でのワークショップだったので、みんながライバル。厳しく指導していただけました。

でもメンバーのお芝居を見て、刺激をたくさんもらいましたし、厳しい環境だったからこそ、良い作品になったんじゃないかなって、本当に思います」

―撮影で印象に残っていることは?

「撮影の2週間、ずっと静岡県の伊東市で過ごしたんです。本当に、海も山もキレイで、空気もおいしくて。これまで、こんなにたっぷり自然と触れ合う機会がなかったので、新鮮な気持ちでお芝居ができて、幸せでした」

―プロジェクトのメンバーとの思い出は?

「ワークショップのときは、雰囲気に押されて、あんまり話すことができなかったので、最初はどうなっちゃうのかな……と思いました(笑)。でも撮影に入ると、同じ部屋に泊まって、緊張感が一気にほぐれました。そこでギュッと仲良くなれた気がします。

特に、私が演じた舞の恋のライバルである朱莉あかり役の(片田)陽衣ちゃんは、表情の使い方とか、本当に勉強になりました」

お芝居はとにかく楽しい!演じることがストレス発散に

―足川さん自身のことについても質問させてください。この世界に入ったきっかけは?

「たまたま原宿の竹下通りを歩いていたときに、スカウトしていただきまして。その事務所は最終的に落ちてしまったのですが、そのときの悔しさが、雑誌のオーディションを受ける力になって。自分でオーディションに応募をして、グランプリをいただいたことがきっかけです」

―ここ数年はコロナ禍の影響もあって、活動も大変だったのでは?

「そうですね。オーディションやワークショップを受けたりしていたんですけど、マスクやフェイスシールドをつけた状態で感情を表現するのは、すごく難しくて。まだまだ勉強しなきゃって思います」

―将来は、どんな女優になりたいですか?

「広瀬すずさんに憧れています。広瀬さんみたいに、モデルも女優もできる、オールジャンルで活躍できる存在になりたいので、目標にしています」

―演技の楽しさとは?

「自分の感情を、思いっきり表現できるのが楽しいです! 役を通して、思っていることを全部言えたり、自分のイメージどおりにお芝居できたりすると、何とも言えない達成感がありました。それがストレス発散にもつながっています」

―最後に「あしたのわたしへ」をどんな人に見てほしいですか?

「自分にとってもすごく大切な作品なので、たくさんの方に見ていただきたいですが、特に、中高生や受験生のみなさんに見てほしいです!」

―ありがとうございました!

デニムジャケット¥9,680 デニムパンツ¥7,920 チェックニット¥4,180/すべてビームスドット

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』

202022年3月18日(金)より、新宿バルト9にて限定公開中

高校の卒業は、多くの生徒たちにとって、人生における初めての大きな岐路。進学、就職と言った進路の問題や、恋人や友人との関係の変化など、その岐路において数々のドラマが生まれる。そんな高校生の思いや悩みを題材に、若者たちが前向きになれるストーリーを提案していく「私の卒業プロジェクト」。第3期となる今回も、静岡県伊東市を舞台に、高校生たちが自身の行末に思い悩みながらも、それぞれが決断をしていく、そんなドラマが繰り広げられる。

公開情報は新宿バルト9のホームページまで!

■予告編

■作品情報

【公開】3月18日より新宿バルト9にて限定公開
【タイトル】あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―
【出演】永井彩加 織部典成 / 三原羽衣 南北斗 / 立石ケン 片田陽依 足川結珠
小高サラ 加藤菜津 宮本和奏 道北陽菜 中正夕愛 木村魁希 簡秀吉 奥野太陽 桜木雅哉 さかたりさ 伊藤雛乃 菅田愛貴 八木拓海 村田寛奈 島太星 他
【脚本】松本美弥子 高石明彦
【音楽】片田陽依 高石明彦
【監督】高石明彦 北川瞳
【撮影協力】伊東市
【プロデュース】高石明彦 花田聖
【企画・制作】The icon

足川結珠プロフィール

あしかわゆず
年齢:14歳(2022年3月現在)
誕生日:2007年12月22日
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:159センチ
所属事務所:トップコート

「第24回ニコラモデルオーディション」でグランプリを受賞し、ニコラ専属モデルに。2022年3月号で初表紙を飾る。2022年1月期テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『愛しい嘘〜優しい闇〜』で主人公・今井望緒の中学生時代を演じた。

Photo:Chihiro Ishino
Styling:Saori Minegishi
Hair&Make-up:Yuko Umezawa
Text:Saori Otobe

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)