Steenz(スティーンズ)
こんな時代だからこそ、歌で笑顔を届けたい!武道館ライブを目標に走る高校生ミュージシャン【安城夢那・16歳】
見出し画像

こんな時代だからこそ、歌で笑顔を届けたい!武道館ライブを目標に走る高校生ミュージシャン【安城夢那・16歳】

Steenz(スティーンズ)

「気になる10代名鑑」の130人目は、安城夢那さん(16)。幼少期から子役として活動し、現在は音楽に特化した高校に通いながら、ライブ、テレビタレント、モデルなど、さまざまな分野で、才能を発揮しています。そんな安城さんの創作活動にかける思いや、意外な一面に迫ってみました。

■安城夢那を知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「東京都出身の16歳です。音楽をもっと深く学びたいなと思って、高校2年生のときに、普通科の学校から、音楽に特化した学校に編入しました。いまは音楽の勉強をがんばりながら、多いときで月に4回ほどライブをしています」

Q2. 音楽を始めたきっかけは?

「かなり小さいころから音楽は好きで、そのなかでも歌うことが大好き。楽器演奏もずっと続けていて、特にギターはやっていくうちに大好きになったので、もっともっとたくさんのステージに立ちたいと思うようになりました」

Q3. 活動するうえで、大切にしていることは?

「みんながわたしの歌を聴いて、笑顔になってくれるように届けること。そのためにはまず、自分がいちばん楽しむことが大切だと思ってます。もちろん努力もしていて、歌唱力アップのために腹筋に毎晩取り組んだり、トレーニングをがんばったりもしています」

Q4. いま、いちばん力を入れていることは何ですか?

「喋りです。実は、こうやって喋るのがすごく苦手で……(汗)。ステージに立って歌っているときはそんなに緊張しないんですけど、自由に喋るとなると緊張しちゃうんです。なので、ライブMCとかも上手にできるように、練習中なんです」

Q5. いまの目標は何ですか?

20歳までに、日本武道館でライブをすること。なので、最近はライブハウスだけじゃなくて、路上ライブにも挑戦中です。いずれは、どの世代の人からも愛されるようなアーティストになりたいです」

Q6. 普段はどんな友達と過ごすことが多い?

「中学から一緒に活動している子で、バンドサポートにも入ってくれている心愛ちゃんと過ごすことが多いですね。音楽仲間としてだけでなく、プライベートでもたくさん力をもらってます!」

Q7. 趣味はありますか?

「ショッピングです。よくお母さんと一緒に、洋服屋さんをめぐります。あとはギターを見に行くのも好きで、おうちにはエレキギター6本と、アコースティックギターが2本あります!」

Q8. 宝物は何ですか?

「物ではありませんが、愛犬です。私がギターを弾き始めると、必ず足もとにきて、眠るんです。それがとっても可愛くて、いつも癒されてます!」

Q9. 生きるうえでのポリシーがあれば教えてください。

「ネガティブにならないようにすることと、楽しいことを考えることです! 勉強が大変だったり、ライブで思ったようにできなくて、落ち込むことがあっても、あまりネガティブに落ち込みすぎず、『自分ならできる』と励ましてます」

Q10. 同じ時代を生きる10代に、メッセージをお願いします。

「10代だけの楽しみが、きっとたくさんあるはずです。つらいことがあっても、いまを全力で、楽しく生きてほしいです。夢を持って、一緒にがんばりましょう!」

■安城夢那の今日のファッション

トップス/An MILLE    スカート/RESEXXY シューズ/one spo バッグ/SAMANTHAVEGA

「ファッションは、なるべく大人っぽく魅せられたらいいなって思っています。あと、私は身長が164cmあるんですけど、もう少し盛りたいと思っていて、高めの靴を履くことが多いです。今日履いている靴は、15㎝くらい高さがあります」

■安城夢那のSNS

★Twitter

★Instagram

★オフィシャルHP

【ライブ情報】
2022年6月11日(土)【北海道遠征 live】札幌CRAZY MONKEY
2022年7月24日(日) 【Birthday live】下北沢Shangri-La

Photo:Eri Miura
Text:Airi Muto
Edit:Takeshi Koh


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)