Steenz(スティーンズ)
好きな気持ちこそ、最大のエネルギー。絵を通して日常にトキメキを届ける服飾学生【koiki・18歳】
見出し画像

好きな気持ちこそ、最大のエネルギー。絵を通して日常にトキメキを届ける服飾学生【koiki・18歳】

Steenz(スティーンズ)

「気になる10代名鑑」の140人目は、koikiさん(18)。文化服装学院でファッションを学びながら、個人としても、コラージュ作品や水彩画で描かれたイラストを創作し、Instagramで発信しています。最近ではグループ展も開催したkoikiさんに、創作活動への想いを聞いてみました。

■koikiを知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「埼玉県出身の18歳です。文化服装学院に通っていて、マーケティングや色彩、ファッションコーディネートなど広く学んでます」

Q2. いま力を入れている活動は?

「絵を描くことと、コラージュ制作です。3月末には、創作グループ『休日』のメンバーとして、初めてグループ展を開催しました。高校生のころからイラストを描き続けてて、誰かの日常にトキメキを届けられたらいいなと思って活動してます」

Q3. 絵を描き始めたきっかけは?

「もともと絵とファッション誌が大好きで。雑誌は腐るほど読んでました。
9年間ソフトボール部に入っていたんですけど、コロナの影響でなかなか練習ができなくなってしまって。それで時間ができたので、大好きな雑誌のイラストを参考にしながら、絵を描き始めました。だから、完全に独学で自己流なんです」

Q4. 創作活動で大切にしていることは?

自分の直感を信じること。自分の『好き』を、誰かが『好き』と感じてくれることって、とても尊いことだと思うんです」

Q5.  好きなイラストレーターは?

文化服装学院の卒業生で、現在はイラストレーターとして活動しているCANA ENDOUさん。私もいつか、ファッションや広告、雑誌の仕事に携わりたいので、憧れの先輩です」

Q6. これから描いてみたいモチーフはありますか?

「自分が影響を受けた人の顔をとにかく描きたい! 人の顔って知れば知るほど面白いし、特に鼻から口にかけてのパーツは愛おしくって。いつか、たくさん描いた作品を壁一面に飾った個展を開きたいです

Q7.  宝物があれば、教えてください。

星野源さんのエッセイです。悪いところも認めて、笑いに変えているスタンスが素敵だなと思います。あとは、私がファッションを好きになるきっかけをくれたVOGUEも宝物のような存在です」

Q8. 社会がもっとこう変わればいいと思うことは?

お互いを認め合って、自分の『好き』を堂々とさらけ出せるようになってほしい。私も中学生のころ、自分の好きなもの好きと言えず、同級生に合わせていた時期があったけど、好きなものは千差万別ですよね」

Q9. 生きるうえでのポリシーがあれば、教えてください。

『笑顔は人を惹きつける』『礼儀は人との繋がりを広げる』のふたつです。これは、中学校の恩師がくれた言葉。いまも大切にしてます」

Q10. 同じ時代を生きる10代にメッセージをお願いします。

いまのうちからやりたいことに貪欲に、自分の好きなことに全力で突き進んでほしい! 何かを好きになる気持ちは唯一無二だし、『好き』という力がもつエネルギーって、すごく大きいと思います。私も、一生何かを追いかけていたいです」

■koikiの今日のファッション

ワンピース/tropiceye バッグ/FEKETE サンダル/母のもの イヤリング/母の手作り リング/ヴィンテージ

「シルエットが綺麗に見えるアイテムが好き。今日のワンピースも体のラインを強調しすぎないデザインやシルエットがお気に入りです。あとは古着やヴィンテージものを着ることも多いかも。一点物でかぶらないし、宝物探しをしてる感覚になれるのも楽しいんですよね」

■koikiのSNS

★Instagram

Photo:Eri Miura
Text:Ayuka Moriya
Edit:Takeshi Koh

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)