Steenz(スティーンズ)
沖縄から東京を経て海外へ。ボーダレスに活動を続けるエネルギッシュな上智大生【天方向日葵・19歳】
見出し画像

沖縄から東京を経て海外へ。ボーダレスに活動を続けるエネルギッシュな上智大生【天方向日葵・19歳】

Steenz(スティーンズ)

「気になる10代名鑑」の149人目は、天方あまかた向日葵ひまりさん(19)。上智大学に通いながら、U25世代によるライフスタイル提案団体「You(th)Rock!!」でライターを務め、さらにはミュージシャンのアルバムデザインを手がけるなど、創作活動もしています。好奇心の向くまま、さまざまなことに挑戦し続けている天方さんの考え方に迫りました。

■天方向日葵を知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「沖縄県出身の19歳で、上智大学国際教養学部に通ってます。リモート授業から対面授業に切り替わったタイミングで、半年ほど前に上京してきました。

いまは、U25世代の生き方を提案する『You(th)Rock!!』という団体で、ライターとして活動しながら、絵を描いたり、バレエや現代舞踊を踊ったりと、好奇心に任せていろいろなことに挑戦中です」

Q2. 活動について詳しく教えてください。

「『You(th)Rock!!』は、U25世代のメンバーが、さまざまなメディアを通して、生き方を提案する団体です。私を含め、メンバーはみんな社会に対していろんな思いを抱えていて、自分たちの考えを社会に発信するプラットフォームでもあります。

コロナでの自粛期間、地元の沖縄で暇してたときに、たまたまアカウントを見つけて、私も自分の思いを社会に伝えたいと考えて、参加しました」

Q3. 活動をするなかで、どのようなことを考えていますか?

「メンバーはみんな10代、20代で、専門的な知識はまだまだ勉強中。なので、間違ったことを発信してしまわないか不安になるときがあります。あと、文章を書くことの難しさも感じます。社会問題や環境問題について言及することが多いので、バイアスなしで書くことができているかなど、常に気にかけています

Q4. 創作活動はどのようなことをしていますか?

「写真や絵から、クラシックバレエや現代舞踊、アルゼンチンタンゴといった体を使ったパフォーマンスまで、興味のあることは何でもやってます。

最近、初めてミュージシャンのアルバムのカバーデザインをさせてもらいました。音楽を聴いたときの感覚をもとに、曲にリンクさせたビジュアルをつくりました。何度も曲を聴いてイメージを膨らませて、納得いくものができました!」

Q5. 活動をするうえで、どんなことを大切にしていますか?

柔軟であること、正直であること、そして誰かに良い影響を与えること。人目を気にしすぎたりせず、いま私が表現したいことに集中して、相手をほんの少しでも良い方向に動かしたい、という気持ちを忘れないように、心がけて活動してます。

常に変化する時代なので、違いや変化を柔軟に受け入れて、作品だけではなく、自分自身も常に更新していきたいです。『感性に素直に』が私の生きるうえでのポリシーです

Q6. 沖縄から東京に来て、変わったことは?

「沖縄にいたときは、ひとりの時間、考える時間が多かったので、いまよりつくりたいものが次々と出てきてたように思います。上京してからは新しい人との出会いなど刺激が多すぎて、ちょっと余裕がなくなっている気がして……。でも、いまはインプットする期間だと思っていて、アウトプットのタイミングをうかがいながらワクワクしてます!

ちなみに、東京に来て出会った人の中には、面白い人もいれば、そうでもない人もいて(笑)。それも含めて、いろいろな人がいて面白いなと思いました」

Q7. 普段はどんな友達と過ごすことが多いですか?

「大学の学部の友達と過ごすことが多いです。自分らしくいられて、良い刺激を与え合えるコミュニティに身をおくようにしてるんです。でもそこに甘えすぎずに、出会う人の幅を広げていきたいとも思ってます!」

Q8.社会が「こう変わればいい」と思うことはありますか?

「誰もが自分らしく、ありのままで生きることのできる社会になればいいなと思います。マイノリティはもちろん、そうでなくとも、私たちは日々、多くの古い風習や価値観に縛られて生きています。ボーダーレスに、それぞれの個性が受け入れられ、活かされるような社会が必要だと思います」

Q9.今後の展望や将来の夢を教えてください。

「今年、海外の美大を受験する予定です。ずっとアートが好きだし、ずっと日本を出たいと思っていて。いまの大学には、一度東京というものを経験したくて、『2年生で辞める』って決めて入ったんです。

今後は世界に出て、いろんな経験をして、もっと豊かな人間として、豊かな人生を謳歌したいです。そして、何をするにしても、人のためになることをしたいです」

Q10.同じ時代を生きる10代に、メッセージをお願いします。

「良い仲間のいる、良い場所に身を置いて、自分の選択で自分の人生を歩み進めてほしいですし、私もそうしたいと思ってます。情報やテクノロジーに呑まれることなく、上手に利用して、いまの私たちにしかできないことで、一緒に世の中を豊かにしていきたいですね」

■天方向日葵の今日のファッション

シャツ/used パンツ/Lee(used) シューズ/J.Crew(母からのお下がり) バッグ/Chloe(母からのお下がり)

「今日のテーマは『全身usedの涼しい夏ルック』です。バックとシューズはお母さんのお下がり。

東京は、地元の沖縄よりも、人目を気にせずファッションを楽しんでる人がたくさんいて、そんな姿に強く影響を受けました。東京に来てからは、『人と被りたくない』って気持ちを大事にして、自分の好きなファッションを全力で楽しんでます」

■天方向日葵のSNS

★Instagram

Photo:Eri Miura
Text:Mai Sugawara
Edit:Takeshi Koh


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)