加藤菜津インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」
見出し画像

加藤菜津インタビュー!第3期メンバーに聞いた「私の卒業」

Steenz(スティーンズ)

これからの活躍が期待される、若手俳優/女優を発掘・育成する「私の卒業」プロジェクト。YOUTUBEで230万回以上も視聴された第1期、第2期に続き、第3期は劇場公開も決定しました。741名もの応募者の中から選ばれたキャストを、「Steenz」ではひとりひとりにフォーカスを当てて、単独インタビューを実施。第9回は、加藤菜津さんをフィーチャーします。

負けず嫌いすぎる自分の弱点を客観視できた

今回の作品「あしたのわたしへ」で、松村美咲役を演じた加藤菜津さん。プロジェクトを通して学んだことや、加藤さん自身の演技にかける情熱などについて、深堀してみました。

―さっそくですが、加藤さんが演じた松村美咲というキャラクターについて、どう感じました?

「美咲はクラスの中でも、明るいムードメーカー的なキャラなんです。だから撮影の期間中は、普段よりもちょっとおしゃべりだったかなって思います。特別に意識していたわけじゃないですけど」

―実際にメンバーの中でも、ムードメーカー的な動きをしていたんですね。

「変に気を使ったわけじゃなくて。でも、みんなで仲良くできたらいいなっていうのは、すごくありました。それに年下も多くて、みんな不安な気持ちを口にしていたから、『大丈夫だよ』とか、そういう言葉は自然と出てきました。

私自身は盛り上げ役っていう性格ではないので、撮影から戻ってきたときに、自然とスイッチをオフにしている自分に気がつきましたけど(笑)」

―確かに、教室でのシーンのワイワイ感は、本当のクラスみたいに見えました。

「それはちょっと意識したかも。教室の中ではすごい楽しそうにしているけど、実はひとりひとり悩みを抱えていて……。そういうことは中高生にもよくあることだと思うし、共感できる部分ですよね」

―仲間意識も自然と生まれたんですね。

「そうです。でもワークショップのときは、オーディションを通過してからもまた落とされたり、メインキャストを誰が演じるかで競い合ったりして、けっこう精神的にキツかったです。同じ作品をつくる仲間ではあるけど、同時にライバルだから……」

―確かに。複雑ですね。

「これまで受けてきた演技レッスンは、『いいじゃん』とか、『その感じでもっと』みたいに気持ちを乗せてくれるし、ひとりひとりに対して『もっとこうしたほうがいい』っていうのが明確なので、わかりやすかったんです。でも今回のワークショップは、自分で成長しなくちゃいけなくて、正解がわからなくて……」

―厳しいワークショップだったと聞きました。

「あとやっぱり、私はメインになりたいって思っていたし、それにとらわれすぎていたのかなって。心に余裕がなかったんだと思います。もともとすごく負けず嫌いですし、そういう気持ちを隠すのが上手じゃなくて。それも必要なことだと思うけど、出しすぎちゃうのは違うかなって気づきました」

―苦しかったからこそ、成長できた点もあったんですね。

「これまで、自分の個性というか、自分らしさを全面に押し出すのが演技だって思っていたんです。でも今回の経験を通して、それだけじゃなくて、作品をよくするために、自分がどうするべきかを考えるのが大切っていうことを学びました。

いま、別の映画の現場に入っているんですが、作品に携われて良かったなって心から思うし、ただ作品をよくしたいって思えるようになった。それを知ることができたのは、『私の卒業』のおかげかなって思います」

いつかは人の心を動かせるような演技をしたい

―ここからは、加藤さん自身のことについてお伺いします。お芝居の道を志したきっかけは?

「私は愛知県の豊橋市というところの出身なんですけど、豊橋って、ドラマとか映画の撮影が多くて。それで、知り合いの方にエキストラで参加してほしいって言われて、遊びに行ったんです。そこで、佐藤浩一さんの演技を見て、時間を忘れてしまうほどの迫力を感じて……。

俳優さんってこんなにも人の心を動かせるんだ、勇気を与えることができるんだ……って。それがこの世界に飛びこんだ原体験です」

―演じていて楽しいなって思うときはどんなときですか?

「演じているときは、とにかく楽しいんです。もちろん、実力的にはまだまだですし、でき上がった作品を見たときは、もっとこうしなくちゃダメだなって、反省して落ち込むこともあります。でも、基本的には自分が楽しまなくちゃ、見ている人に感動を伝えることはできないと思っているので」

―これから挑戦してみたい役はありますか?

「具体的にコレっていうものはなくて、とにかく何でもやってみたいです。現場に行くたびに新しいことが学べるし、現場に行かないとどうしてもわからないことは多いから。

とにかくいろいろな作品に出て、いろいろな役をやって、その結果、ずっとカメラの前に立ち続けれるような人生にしたいなって思います」

―目標はありますか?

「つい先日、日本アカデミー賞の授賞式を見ていて。トップクラスの女優さんたちは、“自分が”とか、そういうのはまったくなくて、本当に作品を通して、多くの人に勇気を与えたいっていう発言をしていらっしゃって。

演技だけでなく、人間力も素晴らしいなって思ったし、私もあんなふうに、多くの人に勇気を与えられるような女優さんになりたいなって思いました」

―最後に、この作品をどんな人に観てもらいたいですか?

「この作品は高校生の話ですけど、どんな年代であっても、そのときの悩みがあって、その時々、人間なら誰しも悩みを抱えていると思っています。だから、いま悩みを抱えてる人みんなに見てもらいたいです。ほんの少しかもしれないけど、前に進めると思います」

―ありがとうございました!

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』

高校の卒業は、多くの生徒たちにとって、人生における初めての大きな岐路。進学、就職と言った進路の問題や、恋人や友人との関係の変化など、その岐路において数々のドラマが生まれる。そんな高校生の思いや悩みを題材に、若者たちが前向きになれるストーリーを提案していく「私の卒業プロジェクト」。第3期となる今回も、静岡県伊東市を舞台に、高校生たちが自身の行末に思い悩みながらも、それぞれが決断をしていく、そんなドラマが繰り広げられる。

■予告編

■作品情報

【タイトル】あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―
【出演】永井彩加 織部典成 / 三原羽衣 南北斗 / 立石ケン 片田陽依 足川結珠
小高サラ 加藤菜津 宮本和奏 道北陽菜 中正夕愛 木村魁希 簡秀吉 奥野太陽 桜木雅哉 さかたりさ 伊藤雛乃 菅田愛貴 八木拓海 村田寛奈 島太星 他
【脚本】松本美弥子 高石明彦
【音楽】片田陽依 高石明彦
【監督】高石明彦 北川瞳
【撮影協力】伊東市
【プロデュース】高石明彦 花田聖
【企画・制作】The icon

『あしたのわたしへ 私の卒業 ―第3期―』は、Apple TV、Amazon プライム・ビデオ、FOD、GYAO、Google Play、DMM、ひかりTV、ビデオマーケット、VIDEX、U-NEXT、Rakuten TV (50音順)にて配信中!

公式YouTubeでは冒頭9分を無料配信中です。

加藤菜津プロフィール

かとうなつ
年齢:19歳(2022年4月現在)
誕生日:2002年7月16日
出身値:愛知
身長:162cm
趣味:読書、バレーボール、ギター
所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

2020年女優デビュー。過去出演作に、映画『女子高生に殺されたい』、ABEMA×テレビ朝日『奪い愛、高校教師』、テレビ朝日オシドラサタデー『鹿楓堂よついろ日和』などがある。

Photo : Eri Miura

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)