Steenz(スティーンズ)
テクノロジーで日常生活のクオリティを向上させたい。高校2年生のテッククリエイター【大塚嶺・17歳】
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

テクノロジーで日常生活のクオリティを向上させたい。高校2年生のテッククリエイター【大塚嶺・17歳】

Steenz(スティーンズ)

「気になる10代名鑑」の139人目は、大塚れいさん(17)。小学6年生のとき、視力が低くても読めるニュースアプリ『らくらく読み読み』を開発し、小中高生クリエイターの支援プログラム「未踏ジュニア」のスーパークリエイターに認定。孫正義育英財団2期生にも採択され、数々のアプリ開発を手がけてきた大塚さんの素顔を探りました。

■大塚嶺を知る10の質問

Q1. プロフィールを教えてください。

「東京都出身の17歳、高校2年生です。小学6年生のとき、目の悪い曾祖父のために、視力が低くてもニュースを読めるアプリ『らくらく読み読み』を開発しました。高校1年のときには、最新のAIを使った英会話アプリ『AIbou』の開発チームのひとりとして、中高生が競うスマホアプリ開発のコンペ『アプリ甲子園』で優勝しました。

ほかにも、ARを使った街歩きアプリ『Station』や、コロナウイルス防護用品のためのマッチングプラットフォーム『Nolack』の開発にも関わったりしてます」

Q2. 開発してきたアプリで共通していることはありますか?

テクノロジーを組み合わせて、日常生活のクオリティを上げること。プログラミングを始めた当初は、困っている曾祖父のために『らくらく読み』をつくったように、アプリで医療や介護に貢献したいと思ってました。

だけど最近は、もっと国を超えて、より幅広い場面で役立つ開発をしたいとも考えてます」

Q3. プログラミングを学び始めたきっかけは?

小学5年生のときに『Tech Kids School』という小学生のためのプログラミングスクールの体験に行ったのがきっかけ。あ、でも、小学校低学年のころから、カメラとかガジェットには興味がありました」

Q4. 開発するうえで大切にしていることは?

UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインにこだわること。アプリだけではなく、高校の文化祭のWebページや自分のポートフォリオサイトなどを制作してますけど、自分の好みよりも、ユーザーにとってどんな機能があると使いやすいのか、というポイントを最も重視してます」

Q5. 影響を受けてきた人はいますか?

「身近な人でいえば、レシート買取アプリ『ONE(ワン)』の開発者である山内奏人さん。15歳のときに会社を創業して、大ヒットアプリを開発した山内さんからは、起業家精神だったり、クリエイターマインドであったり、さまざまな影響を受けてきました。実際に何度かお会いしたこともあって、リスペクトしている方のひとりです。

もちろん孫正義さんも。まったく手の届かない存在ですが。あと、スティーブ・ジョブズの本もたくさん読んできました」

 Q6. 趣味はありますか?

「映画やドラマを観るのが好きです。映画は週に3、4本観てて、ホラー以外だったら何でも観ます。お気に入りは『gifted』。ドラマは海外ドラマばっかりで、最近では『SCORPION』がおもしろかったです。

カメラも好きで、旅行先ではよく写真を撮ります。1か月前のGWにアメリカに行ったときも、たくさん撮影しました」

Q7. 生きるうえでのポリシーは?

フットワーク軽く、とりあえずトライしてみること。プログラミングやソフトウェアの開発がトライアンドエラーの連続なように、苦手なことであっても、一度はやってみるようにしています。苦手なのを無理して続ける必要はないけれど、食わず嫌いはもったいないなと思っています」

Q8. 今後の展望は?

「これまで、深圳などでのIT産業が盛んな中国やアメリカ、イギリスに行って刺激を受けてきました。高校を卒業した後は、海外の大学に進学して、もっとグローバルな視点でものを考えられるようになりたい。IT先進国といわれるエストニアにもいつか行ってみたいです。そのうえで、世界中の人々に役立つものを創造していきたいです。

今年の夏には、ウクライナの人々への支援を考えるイベントを、学校の仲間と計画していますし、世界の高校生とつながるイベントにも関わっています。世界情勢もテクノロジーも日々変化するので、医療に役立つ長期スパンの開発と、短期的に役立つ開発の両方を進めていきたいです」

Q9. 社会が「こう変わればいい」と思うことは?

まわりがどう言うかよりも、自分がどう感じるかを、もっと大事にできる社会になってほしい。面白いと感じたものはハッキリ面白いと言える、まわりに流されない心持ちがあるともっといいのかなと思います」

Q10. 同じ時代を生きる10代にメッセージをお願いします。

「気になる場所があったり、気になることがあったりしたら、まずググってみて、それだけで満足せず、実際にそこに行ってみたり、トライしてみたりするといいと思います!」

■大塚嶺の今日のファッション

シャツ・Tシャツ・パンツ/UNIQLO

「普段はUNIQLOで買った服を着ることが多くて、シンプルで、色味の少ない格好をします。会議やプレゼンなど、気合いの入るときはカッチリした格好をするので、Ralph Laurenをよく着ます」

■大塚嶺のSNS

★Instagram

Photo : Eri Miura
Text : Daiki Ido
Edit : Takeshi Koh


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Steenz(スティーンズ)

Steenzを通じて10代を応援するため、運営サポートをお願いします!

よろしければシェアもお願いします!
Steenz(スティーンズ)
多様性時代を駆け抜ける10代が、「自分」と「仲間」を見つけるメディア&コミュニティ Steenz(スティーンズ)